知っていてもいなくてもどっちでもいい・・・(笑) お酒の雑学 その5

 

【ホストテイスティング】

☆☆☆ワインを飲むのも命がけ!?☆☆☆

 

ちょっとお洒落なレストランでワインを頼む前に行う儀式、
それがホストテイスティング。…
ソムリエから代表者のグラスに少量のワインが注がれ、
代表者はその味を見てもっともらしく頷いたりするアレですが、
あなたは経験がありますか?
このホストテイスティングは、味についての批評が求められる
「テイスティング」とは違い、
1.オーダーしたワインが出てきたか
2.ワインに異常がないか
などをチェックし、よっぽどの場合を除けば
「結構です」、「おいしいです」などと言えばOK。
いわば毒味のようなものですが、この習慣、
実は本当に毒味をすることから始まりました。
というのも、コルクの栓が発明されるまでのワインは、
ロウで封をされたり、表面に油を浮かべて蓋の代わりと
されていたから。
最初の不純物混じりのワインは捨ててホストが味を確かめ、
客に振る舞うのが通例でした。
さらに言えば、戦争の後のパーティなどの席では、
毒殺の可能性があったため、ホストはまさに命がけの
テイスティングをしていたのです。
今となっては、そんな心配はご無用ですし、
ホストテイスティングも形式上の儀式となっていますが、
いざホストテイスティングのシーンに直面した際には
慌てず騒がず、スマートにクールにカッコ良く
バッチリと決めたいものですよね(笑)

知っていてもいなくてもどっちでもいい・・・(笑) お酒の雑学 その4

 

お酒の雑学 その4

【初めてのビール】

☆☆☆4900年の歳月を経て☆☆☆

話のタネに日本人の“ビール初体験話”を三つご紹介しましょう。

まず、日本人が初めてビールを見たのは、享保9年(1724年)のこと。その年、和蘭からの使節が江戸にやってきた時の様子を書き残した「和蘭問答」という書物の中に、三人のオランダ人がビールを飲むところを記したこのような一節があります
「コップ三人一か所によせ、チンチンとならし合わせ候・・」
どうやらビールでの乾杯の情景らしいですが、泡だらけの見た目といい飲み方といい、日本人の目にはさぞ奇妙に映ったことでしょうね。
次に、日本人が初めてビールを飲んだのは、嘉永6年(1853年)のこと。この年浦賀にやってきたペリーがおみやげにビールを持参しており、通 訳を務めた蘭学者の川本幸民が何度も黒船に通ったことから、そのビールをご馳走になったに違いないと考えられています。
そして最後に、日本人が初めてビールを売り出したのは、明治6年のこと。山梨県の野口正章という人が製造法を研究し、「三ツ鱗」という銘柄で国産第一号のビールを発売。明治八年には東京にも進出しましたが、売れ行きは思わしくなかったようで、明治15年には製造中止となっています。
ちなみに人類が初めてビールを造ったのは、紀元前3000年頃のエジプトとされており、エジプトでの初製造から日本での国産第一号の間には、足かけ4900年という気の遠くなるような歳月が横たわっている訳ですね。

食の金沢・味を支える金沢醤油

 

金沢の和食系飲食店より絶大な支持!!!

ご主人、ご家族から「料理が不味い!」とクレームを
つけられている奥様方!!!!!必見!!!!(笑)
醤油を変えて『ギャフン』と言わせましょーーー!(笑)

金沢醤油のご紹介♪

人気屋創業以来80年以上取り扱っております、
チョーロングセラーのイカした醤油♪

☆☆☆☆☆『ウメキン醤油 宝 濃口』☆☆☆☆☆
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=458
「濃口」の他にも「淡口」「甘口」「丸大豆」とバリエーション
がありますよ♪
気になる方はこちらからご覧くださいね~~~↓↓↓↓↓
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/list.php?category_id=26

正面ウメキン【ウメキン 宝 濃口】正面ウメキン【ウメキン 淡口】正面【ウメキン 宝 甘口】syoumen【ウメキン 丸大豆】

天狗舞  蟹にあう純米 予約開始ッス♫

 

天狗舞の新しい純米酒!11月初旬入荷予定!
【天狗舞/蟹にあう純米】
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=455
石川県下720mlサイズ1,000本の1回キリの限定販売♪…
本日より先行予約受付開始ッス!!!!
車多酒造さんより、蟹との相性に拘り抜いた純米酒が初登場~。
石川県限定にて720ml瓶 1,000本のみ限定販売!!!
甘みを伴った特有の旨味を持つ蟹身を土佐酢に浸して味わう時、
【天狗舞/蟹にあう純米酒】はお互いの味わいを引き立て合い
最高の相性を発揮します♪
豊かな旨味と程よい熟成感」が土佐酢の酸味を絶妙に丸く和らげ
落ち着いた味わいは蟹の旨味を存分に引き出してくれます♪
1回きりの超限定出荷!!!石川県下限定発売1,000本限定♪
入荷本数が非常に少ない為、先着順にて予定数になり次第
ご予約を締め切らせて頂きますm(_ _)m
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=455
お酒は入荷次第発送させて頂きます。
冷やから熱燗まで幅広い温度帯で楽しめるキレの良いお酒です。

tengu-kani-junmai-raberu

BY2013 菊姫会専売酒 菊姫/山廃純米 鶴乃里 BY2013発売開始

 

10月1日。本日発売開始♪
燗酒、冷酒、オールラウンダーの「ガンコ旨酒」!
2013ヴィンテージ
『菊姫会専売酒 鶴乃里 山廃純米 BY2013』…
1800ml 4,000円(税別)
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=451
720ml 2,000円(税別)
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=452
人気屋Happy&Crazyな3代目店主のおススメ!!! 
『BY2013 BY2012 鶴乃里 飲み比べセット720ml』
超数量限定 4,000円(税別)
http://sake-wine-ninkiya.asia/products/detail.php?product_id=453
※「ガンコ」とは金沢弁で「もの凄く」「めっちゃ」などと言ったニュアンスの意味です。 もっと見る

syoumennaname2naname